白髪染め 無添加 おすすめ

白髪染めおすすめ品!無添加白髪染めで美しく

白髪染めの種類と使い分け

白髪の多い方は白髪染めを使って白髪を染めますが、この白髪染めにもいろいろな種類がありまして、ヘアカラー、ヘアマニキュア、スプレータイプやスティックタイプの一時着色料があります。これらの白髪染めについて考えてみましょう。

一般に白髪染めと言えばヘアカラーが主流です。ヘアーカラーは髪の色素であるメラニン色素を分解することで脱色し、髪の内部に染料を浸透させ髪を染める永久染毛剤です。ヘアカラーは髪の内部から髪全体を染めますので、同じ色に染めることができます。本格的にしっかり染めたい方にオススメです。

ただ、髪が伸びてきて生え際から白髪が目立ってきますので、定期的に染めなければなりません。また、ヘアカラーは髪のキューティクルを痛めますので、髪質がパサついて髪の毛がダメージを受けます。

メラニン色素を分解せず髪の内部まで浸透せず、髪の表面だけを染める半永久染毛剤をヘアマニキュアと言います。染め上がりは白髪と黒髪では違いがあり、ヘアカラーほど強くは染まりません。

髪へのダメージは少なくなりますが、シャンプーする度に色落ちがありますので、一か月に一回程度、染め直す必要があります。色が落ちやすく、染めた直ぐは衣類の襟元が汚れることや、ぬれると色落ちすることがありますので注意が必要です。髪へのダメージが心配な方や手軽に白髪染めをしたい方にオススメです。

スプレータイプやスティックタイプの白髪染めは、手軽に簡単にできますので、急な外出や来客といった突然の場合にオススメです。これは一時着色料なのでシャンプーで簡単に洗い流すことができ、髪へのダメージがとても少ないことが良い点です。

白髪染めには様々な種類があり、それぞれに特徴がありますので自分にあったものを使いましょう。

白髪染めの種類と使い分け 関連記事