白髪染め 無添加 おすすめ

白髪染めおすすめ品!無添加白髪染めで美しく

綺麗に染め上げる方法

白髪染めで髪を染める場合、染める時の様々な条件で染め上がりに違いが出てきます。染め上がりが左右する条件は「室温」や染料を付けてからの「放置時間」、それと後は染料の「塗布量」です。

白髪染めのパッケージに表示している条件は、ほとんどの場合、室温20度〜30度の条件での使用で書かれています。

もしこの使用条件が、室温30度以上の場所であった場合、染料の反応が早くなり、通常より染まりやすくなります。この染まりやすくなると言うことは、サンプルのカラーよりも強く染まり、場合によっては発熱を起こし注意が必要なことがあります。

反対に、室温が20度以下の使用条件では、染料の反応が遅くなり、通常より染まり方が悪くなります。室温の条件で染まり方に違いが出ますので、使用条件の範囲内での使用を守りましょう。

染料を塗ってからの放置時間に注意しなければいけない場合は、硬毛の方の場合です。軟毛の方や標準の方は通常の使用でよいのですが、硬毛の方は染まりにくいので、少し放置時間を長くします。

延長する時間は5分程度が良いでしょう。染まりにくいからといって、あまり長く放置時間を長くしますと、髪へのダメージが強く仕上がりも綺麗にならないことがありますので、必要以上に長く延長しないように注意しましょう。

白髪染めの仕上がりを美しくするには、染料の塗布量も考えなければなりません。白髪の多い部分やフェイスラインなど染まりにくいところは塗布量を多くします。また、染料を付けてからの放置時間も少し長くすることで、染め上がりに差が出ます。

様々な方法の工夫で、美しく染め上げることができます。

綺麗に染め上げる方法 関連記事