白髪染め 無添加 おすすめ

白髪染めおすすめ品!無添加白髪染めで美しく

白髪染め後のシャンプーとケアの方法

白髪染めは様々なタイプがあり、それぞれの手順がありますが、充分に染料を塗ってしばらく時間をおいた後は、どのタイプもシャンプーで洗い流します。白髪染めで染めた直ぐの髪はとても傷みやすい状態で、正しくシャンプーを行わないと髪を傷めることになります。

白髪染めを塗って放置した後、シャンプー剤を付けずにぬるま湯で染料をすすぎます。この時は、染料塗った時の手袋は付けたままですすぎます。

染料が残ったままシャンプーを行うと、たちまち髪を傷めてしまいますので、すすいでいるぬるま湯が透明な綺麗な水になるまで、十分にすすぎます。
すすでいる水が綺麗になったら、シャンプー剤を使って髪を洗っていきます。この時に使うシャンプーはヘアカラー専用のシャンプーがオススメです。また、石けん成分の配合されたシャンプーは、せっかく染めた染料が落ちやすくなりますので、避けた方が良いでしょう。

衣類への染料の色写りを防ぐ為に、シャンプーは2回は丁寧に行いましょう。髪の洗い方は、塚らを入れて強く洗うと、髪を傷めたり色落ちしやすいので、優しく洗いましょう。洗い方は、指の腹を使って、頭皮をマッサージするような要領で優しく洗います。

シャンプーの後は必ずヘアカラー専用のコンディショナーやトリートメントを行いましょう。白髪染めを行うと髪をアルカリ性にして、髪のキューティクルの間から隙間を作り、そこから白髪染めの染料を髪の内部にまで浸透させます。
この髪の状態を通常の状態に戻さなければなりませんので、髪をコンディショナーやトリートメントを使って弱酸性に戻し、キューティクルが剥がれ落ちないようにします。

白髪染めは、その後のケアを含めてコンディショナーを行えば、これで終了です。最後に濡れた髪を拭く時にも、強く拭き取らずに、タオルに髪の水分を吸い込ませるような感じでふき取り、少し手でタオルを叩くような感じで水分を取ります。

白髪染め後のシャンプーとケアの方法 関連記事