白髪染め 無添加 おすすめ

白髪染めおすすめ品!無添加白髪染めで美しく

白髪染め後に気を付けること

白髪染めを行った後は、毎日の髪のケアが必要です。髪は白髪染めを行ったことでとても傷みやすくなっていています。髪のケアを行うことで髪を守り、染めた髪の色持ちを良くします。

白髪染めの後のシャンプーは、髪を傷めないように最初に髪をくしやブラシでといておきます。髪のもつれた状態でシャンプーを行うと、傷みやすくなった髪に、さらにダメージを与えてしまいます。また、ブラシで髪をとく時は力を入れすぎないように気を付けます。ブラシをかける時は髪の根元から一度にかけるのではなく、髪を傷めないように毛先から少しずつといていきます。

シャンプーで髪を洗ったら、髪のケアのトリートメントを行います。髪はキューティクルが剥がれやすい状態にありますので、トリートメントで剥がれないようにケアをします。

この時に使うトリートメントは洗い流さないタイプが良いです。洗い流すタイプのものでも成分が髪の内部に浸透して、髪のダメージを修復しますが、洗い流さないタイプのトリートメントの方が、より効果的にキューティクルに働きます。傷んでいる部分を重点的に修復することができます。

トリートメントが終わったらタオルで水分を充分に拭き取ります。髪を濡らしたままにしていると、剥がれやすくなっているキューティクルを、髪同士の摩擦で剥がしてしまいます。トリートメントの後は髪をタオルで軽く叩くように、髪の水分を取ります。

ドライヤーを使って髪を乾かす場合は、完全に髪が乾く前に止めて、ドライヤーの熱で髪の毛が熱くならないように、同じ箇所に当て続けないようにします。

染め上がりの色を美しく保つには、太陽の紫外線からも髪を守ることが大切になります。紫外線によって染め上がった髪の色が変色することがあります。紫外線の強い季節は帽子を被るなどしましょう。

この他にも白髪染めの後はプールに入らないことや、パーマをかけないこともあります。
白髪染めをした後は、できれば一週間ほどは何もしないことがよい方法です。

白髪染め後に気を付けること 関連記事